コンプライアンス

基本的な考え方

当社は、コンプライアンスを「法令遵守はもとより、法令の背後にある精神(社会が要請する価値観・倫理観)をも遵守し誠実に行動すること」と位置付けて、“誠実な行動”をグループ共通のキーワードにして、当社グループにおけるコンプライアンスの浸透を図るべく活動に取り組んでいます。

コンプライアンス体制

当社および当社グループへの法令遵守、企業倫理の周知徹底を継続的に行う専門組織としてコンプライアンス委員会を設置し、主に次に掲げる項目を実施しています。

  • 企業理念、企業行動憲章並びに企業行動規範の改訂の立案等
  • コンプライアンスに関する情報の収集、分析、教育研修
  • 内部通報制度(「NEGほっとライン」)の運用

コンプライアンスプログラム

企業行動憲章、企業行動規範

従業員一人ひとりにコンプライアンスの周知徹底を図るため、当社グループでは「企業行動憲章」および「企業行動規範」を定めています。また、一人ひとりが常に自らの行動基準としていつでも参照できるように、ポケットサイズのカードにまとめグループの全従業員に配布しています。この携帯カードには、企業行動憲章、企業行動規範のほか当社の企業理念体系や“NEGほっとライン”の制度概要(社内外の通報窓口など)も掲載しています。

内部通報制度

当社グループ内の法令違反、不正、反倫理的行為の防止並びにこれらの早期発見、早期解決を図るため、内部通報制度(「NEGほっとライン」)を設置しています。職場のなかで各種法令や企業倫理などに違反するような行為や、そのおそれがあるものについて、社内(コンプライアンス委員会)と社外(弁護士事務所)の2つの窓口を用意し、通報・相談を受け付け、問題の早期解決を図っています。
いずれの窓口も通報したことによって通報者が不利益を被らないよう十分配慮しています。
今後も、本制度が有効に利用されるよう、継続的に従業員への周知に取り組んでまいります。

行動規範ケースシート

当社では、毎月1回、身近に起こりそうな事例を「企業行動規範ケースシート」として配信し、コンプライアンス違反行為の可能性に「気付く」機会を設け継続的な啓発を行っています。

強化月間の取り組み

当社では、コンプライアンスの啓発と周知徹底を図るため、毎年10月を「コンプライアンス強化月間」として、事業場内にポスターを掲示するとともに、講演会や社内研修などを実施しています。

コンプライアンス教育・セミナーの実施

コンプライアンスセミナー風景

グループ全体へのコンプライアンス意識の浸透を図るため、毎年、新入社員の入社時教育や営業職向けの独禁法セミナーを行うほか、2015年度には、海外子会社において、駐在員及びローカルマネージャーを対象としたコンプライアンスセミナーを実施するなど、積極的にコンプライアンス教育活動に取り組んでいます。

宣誓書

当社では、コンプライアンスの重要性を再認識してもらうために企業行動規範を遵守する旨の宣誓書を提出してもらっています。企業行動規範を読み直す機会を設けてコンプライアンスの観点から各自の業務を見直すきっかけとしています。