応募登録はこちら

課題

ガラスがもたらす建築の映像性
近代建築におけるガラスの大胆な導入は、空間に透明性をもたらした。 ガラスという素材が、壁と違い、その向こうが透けて見える性質をもっていたからである。かつて建築史家のコーリン・ロウ は、バウハウスの校舎に代表される、こうした効果を「実の(リテラルな)透明性」と呼ぶとともに、「虚の(フェノメナルな)透明性」という概念を提唱した。すなわち、ル・コルビュジエの作品や近代絵画などに見出される複数のレイヤーが重なり合う構成によって、事後的に立ち上がる現象としての透明性である。 ガラスは新しい空間をもたらしただけではなく、建築論も刺激し、複雑なデザインの探求をうながした。 これを現代において考えると、どうなるだろうか。その手がかりとして、映像性をテーマとしたい。実際、ガラスはリフレクションの効果によって周辺環境を映しだす動画のスクリーン のようにもなるし、各種のディスプレイにも使われている。これらはロウにならって言えば、リテラルな映像性かもしれないが、現代建築の可能性を拓くものだろう。またさらに発展させて、フェノメナルな映像性という切り口も考えられるかもしれない。その場合、ガラスを単体として考えるのではなく、建築の関係性の中にどう位置づけるか、あるいは透明性がエネルギー負荷をもたらすことを踏まえて、環境的な視点を織り込むことも課題になるだろう。 いみじくも今年は、国連でガラスの歴史と未来を祝福することが定められ、国際ガラス年 2022 に指定 されたが、改めてその素材がもつ様々なポテンシャルが注目されている。こうしたガラスの性質を参照しつつ、このコンペでは、ガラスがもたらす映像性を、インスタレーションやプロダクトではなく、建築の空間として提案してほしい。

審査委員

   
審査委員長 乾 久美子 (横浜国立大学大学院教授、乾久美子建築設計事務所 主宰)
審査委員 牛込 具之 (佐藤総合計画 東京第2オフィス シニアアーキテクト)
中川 エリカ(中川エリカ建築設計事務所主宰)
岸本 暁  (日本電気硝子 常務執行役員 コンシューマーガラス事業本部 本部長)
コーディネーター 五十嵐 太郎 (東北大学大学院教授)

(敬称略)

応募要項

賞金 最優秀賞(1点)100万円   優秀賞(1点)30万円   入選(8点)各5万円
発表 審査の結果は応募者に通知するとともに、「新建築」2023年1月号にて発表します。
登録・応募締切日 2022年10月3日 (月) 16:00まで
応募方法

コンペ特設サイト〈 https://www.kenchiku.co.jp/neg2022 〉よりご登録ください。

登録完了後、お手元に登録完了メールが届きます。

そのメール内に記載されている登録ナンバーが応募に必要となりますのでご注意ください。

*登録にはWEBサイト「KENCHIKU」のIDとパスワードが必要となります。

登録を希望する方は事前に「KENCHIKU」会員登録を行ってください。

作品登録方法

コンペ特設サイト「作品登録」ボタンもしくは 「KENCHIKU」会員ページからご応募ください。

  • 1.応募登録後、同サイト「作品登録」ボタンもしくは「KENCHIKU」会員ページにログインしてください。
  • 2.同サイト「作品登録」ボタンよりログインされた場合は、表示された作品登録画面よりご登録ください。
    「KENCHIKU」会員ページにログインされた場合は、「登録済みのコンペ」に表示された「第29回空間デザイン・コンペティション」コンペの「作品登録」ボタンを押して作品を登録してください。
  • 3.作品登録後、登録完了メールを送信いたします。
    • * 登録後、確認・修正または取り消しを行う場合、「KENCHIKU」会員ページから行ってください。
    • * 作品サイズは、A2 サイズ(420×594mm)・JPEG 形式・5MB 以内のデータをご提出ください。
    • * データファイル名には、「登録ナンバー」「応募代表者氏名」を明記してください(例:NEG0001_氏名.jpg)。
質疑 課題に関する質疑応答はいたしません。
規定以外の事項に関しては応募者の自由裁量とします。
その他
  • 応募に際しての注意
    応募者は、応募作品の一部あるいは全部が第三者の権利(知的財産権や著作権等)を侵害しないことを確認した上で、応募作品を提出するものとします。特に雑誌、書籍、WEB 等の著作物から無断複写した画像は使用を禁じます。尚、第三者から応募作品について権利侵害、損害賠償等の苦情・クレームがあった場合は、全て応募者自らの責任と費用負担で解決するものとし、当社は一切の責任と負担を負わないものとします。
  • 応募作品について
    応募作品は、国内外を問わず公表または他設計競技へ提出されていないオリジナル作品に限ります。また同一作品の他設計競技への二重応募は禁じます。他設計競技の範囲については、審査員の判断によるものとします。
  • * 上記「応募に際しての注意」・「応募作品について」に記載されているような違反事項に抵触した場合は主催者および審査員判断により、入賞発表後であっても入賞の取り消しおよび賞金等の返却を求める場合があります。
  • * 本コンペ入賞作品の著作権は応募者に帰属しますが、入賞作品に対してその発表および雑誌等への掲載に関する優先的権利は主催者が保有するものとします。
    また、著作権の実施に対する交渉権は主催者が専有し、実施の場合の著作権料は主催者と協議決定することとします。
  • * 応募作品データは返却いたしません。必要な場合はあらかじめデータ保管しておいてください。
  • * 本コンペの応募において取得した個人情報は、主催者、共催者及び本コンペの事務局である(株)建報社が、本コンペ実施のためのみに利用します。取得した個人情報は、適切に管理し、第三者に提供はいたしません。
  • 賞金について
    入賞賞金を個人名義でお受け取りされる場合は、お支払い手続き上マイナンバーのご提示が必要な場合がございます。予めご了承ください。
問い合わせ先 空間デザイン・コンペティション事務局
E-mail:info-sd-compe@kenchiku.co.jp
TEL:03-5244-9335
PAGE TOP