研究開発方針・体制

研究開発方針・体制

研究開発方針

研究開発方針

素材とプロセスの融合、素材とプロセス開発による新たな製品の創出・・・Process & Product が私たちの研究開発のコンセプトです。当社は、「医療」「ディスプレイ」「情報通信」「照明・家電」「モビリティ」などの幅広い分野で活用される製品の価値を、特殊ガラスの技術とともに向上させるべく日々研究開発に励んでいます。 
当社では、基礎研究として、材料の設計・評価に関わる研究、プロセスの設計・開発に関わる研究、試作や改良により製品化を推進する研究および計算科学(ICTやAIなどを活用したデータ解析を含む)の研究に取り組んでいます。
これらの基礎研究に、精密成形・加工、超薄板成形などの応用研究を組み合わせて、新しい製品を迅速に開発していきます。

   
研究開発方針図

研究開発体制

スタッフ部門は基礎的研究の一環である材料・プロセス設計、評価技術開発など基盤技術開発に取り組んでいます。ライン部門はお客様のニーズに基づき、既存事業領域に係わる製品の改良や高機能化など事業部門開発を進めています。さらに、スタッフ部門とライン部門は連携して事業戦略・企画に基づいた戦略的開発による新事業の創出や環境負荷低減を実現する製造プロセスの開発などにも注力しています。これらの開発は、産学あるいは企業との外部連携も積極的に活用しています。

研究開発体制

研究開発拠点

P&P技術センターでは、ガラスの基盤技術や応用技術の研究開発を行っています。大津では主に材料設計や分析・評価、プロセス基礎開発を、高月では新しい機能をもつガラスのプロセス開発や複合化技術などの開発を、能登川ではガラス繊維に関わる製品開発や強度測定などを進めています。

「P&P」とは、Process(工程)×Product(製品)の頭文字で、「新しい技術やプロセスの開発を大切にし、それらの蓄積の成果が製品の品質に反映する」という技術開発の理念が込められています。

P&P技術センター大津
P&P技術センター大津
P&P技術センター高月
P&P技術センター高月
P&P技術センター能登川
P&P技術センター能登川