チョップドストランド

ARGファイバ

ARGファイバは、ガラス成分にジルコニアを17%以上含んだ耐アルカリ性、耐酸性に優れたガラス繊維です。ガラス繊維補強コンクリート(GRC)、珪酸カルシウム製品などの補強材として、モルタルやコンクリートのひび割れ抑制材として使用されています。40年以上にわたり、建築・土木分野で幅広く使用されています。

チョップドストランド

50~200本のガラスフィラメント(単繊維)を集束させたストランドを様々な長さに切断したチョップドストランドは、繊維補強コンクリート(GRC)、珪酸カルシウム製品、スラグ石膏製品の補強材として、モルタルやコンクリートのひび割れ抑制材として使用されています。チョップドストランドの耐アルカリ、耐酸性を生かして、ガラスペーパーやフィルターなどにも使用されています。

製品一覧

製品詳細

特性

項目 単位 特性値
熱膨張係数 ×10-6/K 9
軟化点 830
密度 ×103kg/m3 2.8
引張強度 GN/m2 1.5
ヤング率 GN/m2 74
破断時の伸び % 2
耐アルカリ性 重量減少率
(セメント飽和水溶液、80℃、200時間)
% ARGファイバ:0.8
(Eファイバ:10.5)
耐酸性 重量減少率
(10% HCl、80℃、90時間)
% ARGファイバ:1.6
(Eファイバ:42.9)
耐酸性 重量減少率
(10% H2SO4、80℃、90時間)
% ARGファイバ:1.2
(Eファイバ:42.0)

※上記の値は参考値で、保証値ではありません。

耐アルカリ性

アルカリ侵食の比較(電顕写真)

耐酸性

酸による侵食の比較(電顕写真)
ARGファイバ ARGファイバ

ほとんど変化は見られない。

ほとんど変化は見られない。

当社Eガラスファイバ 当社Eガラスファイバ

ファイバが完全に破壊されている。

ファイバが等間隔に断裂している。